バスと列車の日帰りスキー

冬になるとスキー場が賑わいますが、日帰りスキーは割と人気があります。
日帰りスキーはバスで行く場合と列車で行く場合があります。
バスは高速バスで、高速道路を経由して行くことが出来ます。

高速バスが頻繁に運行されている現代ですが、30年以上前にはそれほど運行はされていませんでした。

その理由は、当時はそれほど高速道路がなかったからです。

東北道などはありましたが、関越も上信越も開通するのはもっと後の話です。
当時はバスが少なかった代わりに鉄道の日帰りスキーが運行されていました。
今では日帰りスキーの鉄道はあまりありませんが、当時は冬になると定期列車だけで無く、臨時列車もたくさん走っていました。

ところが、高速道路ができてからと言うもの、高速バスが増えて行きました。

日帰りスキーについて考察してみましょう。

しかも格安で行くことが出来るようになったのです。

格安にした理由は、鉄道にはスピードで勝てないからです。

いくら高速道路を走ると言っても出発地点から高速道路に乗るわけではなく、数十キロ離れた所までは制限速度40キロの下道を走らなくてはならなかったのです。そうすると、最初から90キロぐらい飛ばすことが出来る列車には叶いません。

リクナビNEXT JOURNALの最新情報ならこちらを参考にしてください。

しかも深夜ですので、停車駅も少なく、渋滞もない鉄道に分があるのです。
これを踏まえるとバスの勝ち目は価格しかありません。



価格を鉄道会社では設定できないぐらいまで落とすことで、着実にスキー客を増やして行きました。

また、不況の影響も強くなっています。